男性と女学生

美大を受験して絶対合格するために|夢の叶え方

専門教育を学ぶ学校

学生

カリキュラムの特徴

専門学校は大学や短期大学と比べて、専門的な知識や技術を学ぶ授業の割合が多くなっています。大学や短期大学は一般教養の科目が授業の半数を占めますが、専門学校は専門教育が授業の8割程度を占めます。また授業のカリキュラムは職業と密接に関係した内容になっており、即戦力として働ける知識や技術を身に付けられます。また専門学校は大学や短期大学に比べて多くのコースや学科があり、大学では学べない内容の授業も行っています。大学のカリキュラムでは知識を身に付けるための勉強が多いですが、専門学校のカリキュラムでは実習や実技の割合が多くなっています。また大学や短期大学が単位を取得して進級する制度になっているのに対して、専門学校は年間の授業時間によって進級が決まります。大学は4年の修業年数が多いですが、専門学校の修業年数は1年から4年で、2年制が主流になります。専門学校のカリキュラムは資格を取得できる内容になっていることが多いため、どういった資格を取れるのか確認しておくことが大切です。就職に役立つ資格を専門学校の授業で取れるカリキュラムになっていれば、就職活動をする時に有利になります。専門学校は学科名が同じでも、カリキュラムの内容が異なることが多いため、どういった授業が行われるか確かめることが重要になります。体験入学の制度を利用することで、実際に専門学校の学科で行われている授業の内容を確かめる事ができるため、学校を選ぶときには体験入学の制度を利用しましょう。